diamark取付方法

本体を取り付ける

①本体上部のmicroSDスロットに、microSDカードを図のように「カチッ」と音がするまで挿入します。

microSDカードを挿入する

②カメラを横にスライドして引き出します。
カメラを引き出す
③本機についている取付バンドを外して、ルームミラーに本機を合わせます。
ルームミラーに本気を合わせる
④ルームミラーの後方から、取付バンドを取り付けます。走行中に落下しないようにしっかり取り付けてください。

  • ルームミラーにカメラレンズが隠れないように設置してください。
  • きつく締め過ぎたり、緩く取り付けると破損や画面揺れの原因となります。
取付バンドを取り付ける
⑤ルームミラーの角度を調整します。

  • 角度を調整する場合、必ず純正ルームミラーを持ちながら行ってください。
  • 本機のミラーで後方が見えるように調整してください。
ルームミラーの角度を調整する
⑥カメラの角度を微調整します。

  • カメラの調整は、電源オンのときモニターが映っていることを確認してから行ってください。
  • カメラレンズの保護フィルムを必ずはがしてください。
  • カメラレンズに触れないようにしてください。レンズが曇り、鮮明な映像が録画できない場合があります。
カメラの角度を調整する

リアカメラを取り付ける

①リアカメラを取り付ける適正な位置を決め、汚れ、油分等をふきとります。
さらに、取り付ける位置に養生テープ等のはがしやすいもので仮止めをし、詳細な位置を決めておきます。
リアガラスを拭く
②本機のカメラ入力端子(AV-IN)に、専用リアカメラプラグを接続します。
専用リアカメラを接続する
③専用リアカメラ接続セットのケーブルを配線します。

  • 付属のケーブル固定クランプを使って、視野の妨げや運転操作、エアバッグ動作に支障がないように配線してください。
  • バックドアやトランク等を開閉し、ケーブルが挟まれないか確認してください。またケーブルが引っ張られる場合、ケーブルを余分にたるませて引き回してください。
  • この状態で電源を入れると、モニターにリアカメラの映像が表示されるようになります。(リアカメラ起動)
  • 上記のイラストはあくまでも一例です。お客様の車種に合わせて配線してください。
配線する

④本機の電源を入れ、モニターのリアカメラ映像を確認しながら、リアカメラの取り付ける位置を決めます。

⑤リアカメラの保護シートを剥がして、リアガラスに取り付けます。このとき、ブラケットの△印が上を向くようにテープを貼り付けてください。貼り付け後、固定するためにしばらく放置します。

  • リアカメラのレンズ保護フィルムを必ず外してください。
  • 走行中、落下しないようにしっかり取り付けてください。
  • 取り付け時、カメラの調整時は車を停止した状態で行ってください。
リアカメラを取り付ける
⑥ドライブレコーダーのモニターを確認しながら、リアカメラの表示範囲を調整します。
リアカメラの表示範囲を調整する