01

  • 500万画素
  • 2.7インチ液晶
  • リアカメラ搭載
  • Gセンサー
  • ワイドダイナミックレンジ
  • アクセサリー電源連動
  • 常時録画
  • イベント録画
  • 音声録音
  • 12/24V車対応

(※フロントカメラの映像は編集されたものであり、本体では分割された映像は再生できません。)

diamark360°全方位録画

車の前方だけでなく、車内や死角になりやすい車外の側面までカバーする「360°全方位録画」が可能。
本体やPCビューアで、前後左右が確認できます。

前後左右
取付画像

diamark専用リアカメラ搭載

100万画素の専用リアカメラが付属しています。
ドライブレコーダー本体に専用リアカメラを取り付けることで、後方の映像も録画することができます。

リアカメラについて

※画像はイメージです。
※リアカメラで録画した映像の画質は一律です。100万画素、解像度1280×720px、フレームレート30fps

diamark3つの録画モード

常時録画モード

起動してから終了するまで録画する通常の録画モードです。
microSDカードが挿入されている状態で電源がオンになると、常時録画を開始します。
フロントカメラの動画は「front_norm」、リアカメラの動画は「back_norm」に保存されます。
また、ACC電源連動なので、車のACCオン/オフにしたがって、ドライブレコーダーの電源もオン/オフされます。

  • 1ファイルあたりの録画時間は1分、2分、3分に設定できます。
  • microSDカードの容量が不足すると、一番古いファイルから上書きして保存します。
  • 録画中にOKボタンを押すか、電源をオフにすると、録画が停止します。
常時録画

イベント録画モード

Gセンサーが一定以上の衝撃・急停止・急発進を感知すると、イベント録画モードに切り替わります。
イベント録画を開始した時とその前後の、合わせて3つの映像データを別フォルダに保存します。
フロントカメラの動画は「front_emr」、リアカメラの動画は「back_emr」に保存されます。
万が一を記録することで、交通事故処理の迅速化など、メリットになることがあります。

  • 録画単位時間は、常時録画に連動します。
  • これらのファイルは上書きされませんが、microSDカードのフォーマットを行うと削除されます。
イベント録画

手動録画モード

残しておきたい映像がある場合、本体を操作することで、イベント録画として保存されます。
フロントカメラの動画は「front_emr」、リアカメラの動画は「back_emr」に保存されます。

※運転中の操作は大変危険ですので、事故には十分にご注意ください。

手動録画

diamarkWDR(ワイドダイナミックレンジ)搭載

暗い画像と明るい画像を処理して暗部を明るく、明部を暗くすることで、適切な明るさの画像を作り出す機能です。
トンネルなどの暗い場所→明るい場所の「白飛び」、夜間走行での「黒つぶれ」(真っ暗な状態)などを防ぎ、より鮮明で確実な映像を記録できます。

ワイドダイナミックレンジ

※画像はイメージです。