diamark取付方法

本体を取り付ける

①本体底面のmicroSDスロットに、microSDカードを図のように「カチッ」と音がするまで差し込みます。
microSDカードを挿入する
②専用取付ブラケットのネジを、本体上部の取り付け穴にブラケットを回しながら差し込みます。
専用取付ブラケットを取り付ける
③専用取付ブラケットの両面テープ保護フィルムを剥がして、フロントガラスにしっかり貼り付けます。
フロントガラスに貼り付ける
④本機の撮影する角度を決めて、ナットを回してしっかりと固定します。
ナットで固定する
⑤Gセンサーを正常に機能させるために、レンズの向きを車両の進行方向に対してなるべく水平になるように調整します。

  • ナットを適切に固定してください。緩く取り付けると走行中にカメラの向きがずれる可能性があります。強く締めすぎると、ナットが破損する原因となります。
  • ナットを緩める場合、本機を回さずにナットを回してください。
  • カメラレンズに触れないように取り付けてください。レンズに触れてしまうとレンズが曇り、鮮明な映像が撮れなくなります。
  • カメラのレンズ保護フィルムを必ず外してください。
角度を調整する

リアカメラを取り付ける

①リアカメラを取り付ける適正な位置を決め、汚れ、油分等をふきとります。取り付ける位置に養生テープ等のはがしやすいもので仮止めをし、詳細な位置を決めます。
窓を拭く
②本体のカメラ入力端子(AV-IN)に専用リアカメラプラグを接続します。この状態で電源を入れると、モニターに映像が表示されるようになります。
専用リアカメラを接続する
③車内にケーブルを配線します。

  • イラストはあくまでも一例です。お客様の車種に合わせて配線してください。
  • バックドアやトランク等を開閉し、ケーブルが挟まれないか確認してください。またケーブルが引っ張られる場合、ケーブルを余分にたるませて引き回してください。
  • リアカメラは防水仕様ではありませんので、車外には設置しないでください。
ケーブルを配線する
④両面テープの保護フィルムを剥がして、リアカメラを取り付けます。取り付ける位置に合わせてカメラの向きを調整します。ブラケットの△印が上を向くように設置してください。
リアカメラを取り付ける

⑤ドライブレコーダーのモニターを確認しながら、リアカメラの角度をさらに調整します。

本機に付属している専用リアカメラ以外は絶対に接続しないでください。故障、火災の原因となります。